ゴルフウェア買取ならレオゴルフ

     
お気軽にお問い合わせ下さい(携帯電話もOK)
無料査定フォーム

2021年06月11日

ピンのヘッドカバー人気3選!もう迷わない!特徴から選ぶ流行アイテム

 
ゴルフカートに乗る男女グループ

ヘッドカバーは、ゴルフクラブをキズや汚れから守り、自分のゴルフクラブが他人と混同しないように付けるもの。そして、実用的な役割以上にキャディバッグを彩るアイテムとして重要な役割がありますよね。

 

この記事では、ゴルフ小物にまでこだわりたいゴルファーに向けて、今持っておきたいピンのヘッドカバーを3つ紹介。

 

また、「素材」「デザイン」「使いやすさ」の3つの観点から、カタログのスペックだけではわからない各アイテムのおすすめポイントを解説します。

 

「結局ヘッドカバーって何で選べばいいの?」と思っていた方は、これでもうヘッドカバー選びで迷いません。

 

ピンのヘッドカバーの人気アイテム3選!

 

キャディバッグとゴルフ場

 

ゴルフクラブメーカーとしてモノづくりにこだわるPING(以下ピン)。そのこだわりに共感してゴルフクラブだけではなくウェアや小物までピンを愛用しているゴルファーは多いのではないでしょうか?

 

ピンのヘッドカバーの人気アイテムとして紹介するのは、この3種類。実用的であり、デザイン性も高い。ピンらしさが詰まったヘッドカバーです。

 

◆迷彩(カモフラージュ)柄を施した「HC-C201 CAMO HEAD COVER」

 

HC-C201 CAMO HEAD COVERの画像
【画像引用元】PING公式サイト製品情報より

 

◆ニット素材を用いて、かわいらしい「HC-C201 KNIT HEAD COVER」

 

HC-C201 KNIT HEAD COVERの画像
【画像引用元】PING公式サイト製品情報より

 

◆ソフトPUレザーを用いて、手触りの良い「HC-P191 SOFT PU」

 

HC-P191 SOFT PU
【画像引用元】PING公式サイト製品情報より

 

それぞれ魅力に違いがあるヘッドカバーですが、どれを選んでも、あなたのゴルフライフをワクワクさせてくれることは間違いありません。

 

でも、正直どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そもそもヘッドカバーに選び方ってあるのでしょうか?

 

そこで、数多くのヘッドカバーを扱ってきたレオゴルフが「素材」「デザイン」「使いやすさ」の観点から、あなたに合うヘッドカバーの選び方をお伝えします。

 

ピンのヘッドカバーに限らず、ほかのメーカーのヘッドカバーを選ぶときの参考にもなります。ぜひ、最後までご覧ください。

 

【1】素材から選ぶピンのヘッドカバー

 

PING ヘッドカバー 素材の特徴をまとめた図

 

あなたはヘッドカバーを選ぶときに使われている素材を気にしたことはありますか?

 

実は、素材の違いによってヘッドカバー自体へのキズや汚れのつきやすさ、お手入れのしやすさが変わります。

 

ヘッドカバーはゴルフクラブを守るもの。汚れるのは当然です。でも、ゴルフファッション全体の「清潔感」を保つためにはヘッドカバーも定期的に汚れを落として、きれいにしたほうが好印象です。

 

ピンのヘッドカバーに使われている素材は、アイテム別に「ポリエステル」「アクリル」「ソフトPUレザー」の3種類。それぞれの特徴を解説していきますね。

 

迷彩柄「HC-C201 CAMO HEAD COVER」

 

迷彩柄のヘッドカバーに使われている素材は「ポリエステル」。耐久性・耐摩耗性に優れ、長く外気に触れていても劣化しづらく、日焼けが起こりにくい特徴があります。

 

ただ、ポリエステルは水に濡れると色移りしやすい素材。雨で濡れてしまったときはキャディバッグの中でそのまま放置せず、風通しのいい場所でしっかりと乾かすようにしましょう。

 

ポリエステルは、天候・気温の変化にも強いためゴルフクラブを守る、本来の目的にぴったりの素材です。ヘッドカバー自体は、多少のキズや汚れなどは気になりません。

 

そのため「HC-C201 CAMO HEAD COVER」は、練習やラウンドが多いゴルファーにとって強い味方になりますよ。

 

ニット素材「HC-C201 KNIT HEAD COVER」

 

ニットに使われている素材は「アクリル」。他の合成繊維に比べて染色性に優れているため色合いがとてもきれいな素材です。また、ウールに比べて耐久性のある素材のため長く愛用することができます。

 

ただ、摩擦による毛玉ができやすい素材です。キャディバッグの中でクラブ同士がこすれないように工夫をしましょう。もし、毛玉ができてしまったときは「毛玉取り」で丁寧に取り除いてくださいね。

 

アクリルは洗濯しても型くずれせず、縮みにくいため家庭で洗うことができます。風が強い日や花粉が多い日は、目に見えない汚れが付着します。「ヘッドカバーも清潔に!」と思うゴルファーにおすすめです。

 

ソフトPUレザー「HC-P191 SOFT PU」

 

ソフトPUレザーは、生地にポリウレタン樹脂を塗布した合成皮革のひとつ。柔らかく、しっとりとした質感は、より本革に近い風合いで高級感があります。撥水性があるので汚れがつきにくい特徴があります。

 

ただ、本革とは違って湿気と紫外線による劣化(退色・変色・加水分解)は避けられません。ソフトPUレザーを使ったバッグや財布の表面がポロポロと剥がれているのを見たことはありませんか?

 

それが加水分解による劣化です。とはいえ保管方法やメンテナンス次第で十分に使えるので安心してくださいね。

 

ソフトPUレザーは上質な合成皮革としてクルマの座席や高級家具にも使われます。見た目に艶があり、手触りもいいためプレゼントやコンペの景品などにおすすめです。

 

【2】デザインから選ぶピンのヘッドカバー

 

ヘッドカバーは直接スコアに関係するアイテムではありませんが、ゴルフを楽しくするアイテムとして欠かすことはできません。デザインにこだわるのは当然ですよね。

 

かっこいいヘッドカバーや個性的なヘッドカバー、オシャレなヘッドカバーを付けていると「それ、どこで買ったんですか?」とラウンド中に話題になること間違いなし。

 

ピンのヘッドカバーは3種類とも個性の違うアイテムなので好みに合わせて選ぶことができます。あなたはどのデザインを選びますか?

 

迷彩柄「HC-C201 CAMO HEAD COVER」

 

PING ヘッドカバー 迷彩柄

 

カジュアルファッションの代表的な柄として、昔から使われている迷彩(カモフラージュ)。軍服をイメージさせ、力強い印象を与えてくれます。カラー展開はネイビーとグリーンの2色です。

 

迷彩柄は一歩間違えると軍オタっぽく見えてしまいがち。でも、ピンのヘッドカバーはどちらも色数を抑えた迷彩柄のため悪目立ちしません。迷彩柄の本来の目的どおり、ゴルフファッションに自然に溶け込んだデザインですよね。

 

「ゴルフウェアでは、あまり派手なデザインは着られない。でも、ワンポイントでアクセントがほしい!」そんなゴルファーにおすすめです。

 

ニット素材「HC-C201 KNIT HEAD COVER」

 

PING ヘッドカバー ニット素材

 

ニット素材は、男性だけでなく女性にも人気のモデル。編み物のような温かみのあるデザインや頭の部分にあるポンポンの装飾が、かわいいですよね。

 

ボーダー柄を配した4色のカラー展開は、どれもが落ち着いた色合い。性別や年齢を問わず好まれるデザイン。また、クラブごとに色を変えるとキャディバッグが賑やかになり、ラウンド中は気分が明るくなりそうです。。

 

「他のゴルファーとは違ったデザインのヘッドカバーを探している、キャディバッグをカラフルに彩りたい」そんなゴルファーにおすすめです。

 

ソフトPUレザー「HC-P191 SOFT PU」

 

PING ヘッドカバー ソフトPUレザー

 

ソフトPUレザーが持つ高級感を生かすために無駄がなくシンプル。飽きないデザインのため長く愛用することができそうです。

 

キャディバッグと同系色のヘッドカバーを組み合わせると、まとまった印象に。白のキャディバッグに青のヘッドカバーと違う色同士で組み合わせれば、とても華やかな印象になります。

 

洗練されたデザインなので名門のゴルフ場や上司、先輩とのラウンドなどでも活躍しそうですね。また、キャディバッグとデザインや素材感を統一したい人におすすめです。

 

【3】使いやすさから選ぶピンのヘッドカバー

 

PING ヘッドカバー 使いやすさ

 

基本的にラウンド中のヘッドカバーはボールを打つたびに、つけたり外したりをおこないます。着脱のしやすさはヘッドカバーの使いやすさに直結します。

 

ゴルフではプレーファーストがマナーとされています。プレーをできる限り素早くおこなうことですよね。ヘッドカバーの着脱がスムーズであれば、プレーがスマートに見えるのでヘッドカバーの使いやすさにも気を配りましょう。

 

迷彩柄「HC-C201 CAMO HEAD COVER」

 

こちらのモデルは内側がボアになっています。ヘッドカバーを着脱する際に少し引っかかりを感じます。でも、慣れれば問題のない程度のため安心して使ってくださいね。

 

内側のボアでしっかりとゴルフクラブを包み込むので保護力が強いのが特徴。練習場へはヘッドカバーだけでも持ち運びができるので「クラブ一本を持って練習場に行く」といったゴルファーにはとても使いやすいアイテムです。

 

ニット素材「HC-C201 KNIT HEAD COVER」

 

ゴルフクラブへのつけ外しを考えると伸縮性のあるニット素材がおすすめです。ドライバーのサイズに左右されずに使えるメリットもあります。

 

また、ニット素材は洗うことができるため汚れやニオイは気になりません。ほつれには気をつけないといけませんがキズがつくこともありません。デザイン性は好みが分かれるかもしれませんが「着脱のしやすさ」や「お手入れのしやすさ」で、とても使いやすいアイテムです。

 

ソフトPUレザー「HC-P191 SOFT PU」

 

上からスポッとかぶせるだけで着脱ができるストレート形状になっています。シルエットが薄いためキャディバッグのフードが閉めやすい点も ◯ 。ヘッドカバーの形状によってはキャディバッグの開け閉めが大変なケースがありますよね。

 

劣化を防ぐために湿気の多い場所での保管、雨に濡れたままでの保管は禁物。とはいえ、高級感のあるシンプルなデザインで着脱もしやすいため万人に好まれます。

 

HC-C201 CAMO HEAD COVER HC-C201 KNIT HEAD COVER HC-P191 SOFT PU
素材 キズや汚れがつきにくい「ポリエステル」 汚れたら洗える「アクリル」 高級感がある「ソフトPUレザー」
デザイン ワンポイントでアクセントが欲しいゴルファーにおすすめ 個性的なデザインが好きなゴルファーにおすすめ キャディバッグとデザイン、素材感を統一したいゴルファーにおすすめ
使いやすさ 内側がボアになっているのでクラブの保護力が高い 伸縮性があって着脱しやすい ストレートな形状で着脱しやすい

 

不要になったPINGのヘッドカバーを高値で買い取ってもらおう!

 

 

ゴルフウェア買取専門サイト「レオゴルフではゴルフウェアだけではなくヘッドカバーやキャディバッグなどのゴルフ小物の買取もおこなっています。

 

過去にはピンのヘッドカバーが2,000円以上で売れた実例も掲載されています。もし、不要なゴルフ小物が自宅に眠っているのであれば買取に出してみませんか?

 

ピンのヘッドカバーは2,000円以上で売れた実例も!

 

PINGヘッドカバー買取情報

 

「PING PREMIUM HEADCOVER」は本革を使用したタイプで高値がついています。

 

ほかにも「未使用品であること」「人気のシンプルなデザイン」「ドライバーとUTのセッテで売却」などが買取査定時にプラスポイントになったようです。

 

人気のブランドやデザインのセット売りが高値のポイント!

 

ヘッドカバーを売るときは「まとめ売り」が高値がつくポイント。中古販売するときに「デザインを統一したい」という買いたい人のニーズに応えることができるからです。

 

もし、ヘッドカバーがドライバー用、フェアウェイウッド用、ユーティリティ用と複数あるのなら、まとめ売りを検討してみてくださいね。

 

また、汚れやキズが少なく状態の良いものほど高値がつく傾向にあります。メンテナンスを欠かさなかったヘッドカバーは思わぬ価格がつくことがあるかもしれません。

 

あなたの自宅にあるヘッドカバーがいくらで売れるか、すぐにわかる方法があります。

 

スマホで撮影!LINEで送信!まずは無料査定!

 

ゴルフウェア買取専門サイト「レオゴルフ」ではスマホで撮影し、LINEで写真を送るだけで「おおよその買取査定額」がわかるサービスを実施しています。

 

買取査定に出してからではキャンセルが言い出しにくいのですが無料LINE査定であれば、やり取りはLINEのみ。気軽に買取査定額を知ることができるので便利です。

 

また、レオゴルフでは10点買取ごと(1点500円以上の査定額になったアイテムが対象)に査定額が1,000円アップするキャンペーンを実施しています。

 

グローブ、キャップ、バッグなどゴルフ小物をまとめ売りするチャンス。ぜひ、一度「無料LINE査定」を試してみてくださいね。

連日多数売っていただいています!

slide-8
slide-7
slide191003-6
slide191003-5
slide191003-4
slide191003-3
slide191003-2
slide191003-1